本文へ移動

校長あいさつ

校長あいさつ

校長 満岡 渉

 諫早医師会は、昭和394月、准看護師養成のため諫早市泉町に「諫早医師会准看護婦学校」を開校し、昭和49年に「諫早医師会准看護学校」に校名を変更しました。その後、医学の進歩による看護業務の質的変化、地域のニーズへの対応のために看護師の育成が必要と考え、平成84月に2年課程の看護師課程を併設し、「長崎県央看護学校」へ名称変更、現在の地(諫早市永昌町)に新設移転しました。平成26年には創立50周年を迎え、平成29年には准看護師3067名、看護師884名の卒業生を送り出しています。

 本校は地域に貢献できる看護実践者の育成を目指しております。おかげさまで卒業生のほとんどが諫早市内、あるいは長崎県内の医療機関や福祉施設等で活躍をしており、中には看護部長、認定看護師の資格を持って管理的立場で活躍している者もおります。

 大学や近隣の医療施設から優秀な講師の先生を迎え、また素晴らしい実習施設に恵まれていることが、看護師国家試験および准看護師試験の高い合格率に繋がっていると考えます。高等学校を卒業する方はもちろん、社会人の方、すでに准看護師免許をお持ちの方、本校で人生のキャリアアップを目指しませんか。教職員一同、皆様の夢の実現をお手伝いできることを楽しみにお待ちしております。

                                                                                                                                平成30年8月

                                                                                                                        校長 満岡 渉

諌早医師会立 長崎県央看護学校
〒854-0072
長崎県諫早市永昌町23番23号
TEL.0957-25-3232(専門課程)
      25-3535(高等課程)
 FAX.0957-25-0009
0
1
4
1
9
9
TOPへ戻る