長崎県央看護学校 | 看護学校 | 諫早医師会 | 高等課程 准看護科 | 専門課程 看護科

 

同窓会

 

記念公開講座

記念公開講座
 
長崎県央看護学校同窓会 記念公開講座のご案内
公開講座ポスター

母校である長崎県央看護学校は諫早医師会准看護婦学校開校から50周年を迎え、また専門課程も20周年を迎えました。そこで、母校発展の記念事業として、同窓会主催の公開講座を下記のとおり開催することとなりました。同窓会会員の皆様だけでなく、会員以外の方の参加も可能です。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

   1. 日時   平成29729日(土)

 

2.場所   諫早文化会館 中ホール

 

  3.内容

1)記念講演   

開場    14

講演    1430分~16

テーマ 「笑いは最高の抗がん剤 いのちの落語」

    講師     いのちの落語家・作家 樋口 強 先生

 

2)同窓会総会  講演会終了次第

同窓会事業について 他

 

同窓会会員の近況をお知らせします

同窓会会員の近況をお知らせします
 
母校での思い出

 私は第4期生として本校を卒業しました。現在、公立新小浜病院で看護部長の任に就いています。在学中は、子育て、学業、仕事を両立するために一所懸命で充実した3年間でした。本校で培った患者様の思いにそった看護が私の看護観になっています。今後も本校での学びを現場で活かしていきたいと思います。

平成28年10月記 

山本リヨエ

 
今、思うこと

 7期生の平田光です。県央看護学校を卒業して早いもので11年が経ちました。現在私は、南島原市深江町にある医療法人栄和会 泉川病院の看護局 看護部長の職に就いています。先日、卒業後初めて県央看護学校を訪れました。先生方の笑顔や生徒さん達の雰囲気、多少職員室のレイアウトが変わっていましたが、校舎の佇まいや匂いに何とも言えない懐かしさを覚えました。

 在学中はいろんなことを学び考える機会を与えて頂きました。その中でも特に看護師としての柱となっていることがあります。それは根拠です。在学中、「その行動の根拠は?」「それは根拠ある看護なの?」と先生方によく問いかけられたことを思い出します。その当時は正直面倒だなと思ったこともありました。しかし、実際に現場に出て働くようになり、「根拠」の大切さを痛感しました。これは、恐らく卒業生のみなさんも同じ思いをされた方は多いと思います。それからは、自分のとる行動・看護に対し「その根拠は?」「それは根拠ある看護なのか?」と問いかけるようになり、今では看護を行う上での大切な柱となっています。先日、同期の仲間と会う機会がありました。卒業後初めて会う人もいましたが、皆それぞれ立場は違えど、与えられた役割をしっかり務めている姿に良い刺激をもらいました。近況報告やたわいもない昔話の中で「県央卒生」らしく、看護に対して熱く語り合うこともあり、看護の原点に帰ったような気持ちになりました。年齢は様々ですが、同じ学舎で学んだ同士としてお互いを刺激しあえる関係は私にとって宝であると思っています。そんな私の看護師としての道しるべを与えてくれた県央看護学校は、まさしく「大切な我が母校」であると強く心に感じています。在校生の方も時に辛く厳しいこともあると思いますが、今までがんばってきた自分を信じ、逆境を乗り越えて「県央卒生」の仲間入りを果たして頂きたいと思います。楽しみに待っています。最後に今後の県央看護学校の益々のご発展と先生方のご健勝を祈念いたします。

201610月記

平田 光

 

 

お知らせ

お知らせ
 
統合しました
  平成27年2月28日同窓会総会を開催し、高等課程・専門課程の両課程の同窓会が統合されました。新会則・新役員を決定し、事務局(連絡先等)を学校に置くことを確認しました。住所等連絡先が変更になった方はご連絡ください。
 
・2015年11月27日夕方、役員会を開き今後の活動方針などを話し合いました。その後懇親会で親睦を深めました。
<<一般社団法人 諫早医師会>> 〒854-0072 長崎県諫早市永昌町23番23号 TEL:0957-25-2111 FAX:0957-25-0009